皮膚のターンオーバーとは?その仕組を解説!

皮膚のターンオーバー

皮膚のターンオーバーとは?その仕組を解説!


0 コメント

ターンオーバー

ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のことを言います。このターンオーバーが正常に行われているとハリのあるみずみずしい素肌で居られることが多いです。「皮膚の構造と基本的な役割」でも書いているように、お肌は下から【基底層・有棘層・顆粒層・角質層】の4つの層に分かれています。

基底層ではケラチノサイトと呼ばれる有核の表皮細胞が生成され、この細胞が形を変化させながら上に押し上げられて有棘層や顆粒層の形成組織となり、更に押し上げれるて角質層に到達すると無核の死んだ細胞(角化細胞)になります。

そして角質層まで到達した細胞は下から新たな細胞が上がってくることによって最後はアカ(*1)となって自然とはがれ落ちるという仕組みになっています。この仕組みのことをターンオーバーと言うのですね。

擦り傷などがお肌に出来ても何日か経つとかさぶたになり最終的に綺麗になるのはこのターンオーバーの過程で新たな細胞が作られ常時表皮が入れ替わっているからです。

*1 角片といいます。角質細胞がはがれたもので人によっては古い角質なんて言い方もしますよね。

ターンオーバーの周期について

ターンオーバーの周期は一般的に約28日~42日と言われています。これは文献によっても変わるので正確な数値は分かりません。人それぞれによっても変わります。

概ね基底層で出来た表皮細胞が有棘層まで上がってくるのに14日~28日程度、角質層まで上がってきた角質細胞がアカ(角片)となってはがれ落ちるのに14日程度かかると言われています。

ターンオーバー
(引用・参考URL:http://ameblo.jp/r-creation/image-10198145592-10618092763.html)

ちなみにですが手や足など心臓から最も遠い末梢系の部位は血行がそこまで良いわけではないのでターンオーバーの周期は遅いです。

年齢で変わるターンオーバーの周期

年を重ねれば重ねるほどにちょっとした擦り傷が治るまでの期間が長くなりますよね?これは新陳代謝が低下していることに由来します。

つまり顔のお肌のターンオーバーのレベルも低下している事を意味します。30代~40代頃になればターンオーバーの周期が45日を超えることも珍しくなくそういう意味では大人ニキビが治るのも遅くなります。

最近お肌がくすんでいる、シミが昔より濃くなった気がするという方はターンオーバーの周期が長くなったサインだと考えてお手入れをしっかりとしてあげる必要があります!

ターンオーバーの正常化が美肌の鍵!

ターンオーバーが周期を乱さずに正常に行われている事こそ美肌を保つコツです。

例えば前述のようにターンオーバーが遅くなってくると傷が治りにくくなったりお肌で言えば古い角質が溜まってくすみの原因となったり、アカとなって剥がれ落ちないので薄皮が重なった状態になりごわつきの原因となります。

逆に必要以上に洗顔をしたり角質ケアなどを頻繁に行っているとターンオーバーは早まっていきます(*1)。すると本当は角質層では無核化するはずの角質細胞が核を持ったままの状態で角質層に押し上げられるので未成熟な状態のまま皮膚表面に現われることになります。

未熟な細胞が表皮に現れると水分を保持するのが難しくなりゴワゴワしたり乾燥肌になりやすくなってしまいます。

*2 ターンオーバーが早まったらいいんじゃないの?と思うかもしれませんが大事なのはターンオーバーを正常な状態で継続することです。必要以上にターンオーバーが早まってしまうと細胞の変化が追いつかないので良くないのです。

 
ターンオーバーを正常化するにはやはり食生活を見なおしたり、ストレスフリーな生活を守ったり、タバコをやめたり、睡眠をしっかりとったりと基本的な事から守っていかなければなりません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。