亜鉛 美肌

亜鉛は美肌の元

美肌

亜鉛は美肌の元とも言えるべき成分で体内に存在する300種類以上の酵素が働くために必要なミネラルです。そのため亜鉛不足になると体内活動が正常に行えず結果としてターンオーバーも乱れがちに・・・・。

だからこそ亜鉛はしっかりと摂取していなければなりません!!大人にきびの原因となっているかもしれませんよ!?

ただ、脅すような事を言いましたが実際亜鉛はほとんどの食べ物に含まれている成分なのでそこまで恐れる必要は有りません。普通に正しい食生活を送っていれば不足することは有りません。

しかしながら厚生労働省が発表したデータによれば成人男性・成人女性共に政府が定める推奨量を摂取出来ていないことが分かっています。

20歳~69歳までの成人男性・成人女性の場合

 推奨摂取量実際摂取量
成人男性10mg8.7mg
成人女性8mg7.0mg
データ1:日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要
データ2:平成23年度国民健康・栄養調査結果の概要

不足していると言っても若干量ですけどね。ただ、もし貴方のお肌の調子が悪いのであればそれはもしかしたら亜鉛不足から引き起こされているのかもしれません!!

下記で亜鉛を多く含む食材を紹介していますので参考にしてください。

亜鉛を多く含む食材ランキングベスト17

亜鉛を多く含む食材をランキング形式で紹介していきます。
いずれも100g当たりにどれだけの亜鉛が含まれているかです。

順位食材含有量
1位牡蠣(生)13.2mg
2位ビーフジャーキー8.8mg
3位パルメザンチーズ7.3mg
4位煮干し7.2mg
5位ピュアココア7.0mg
6位豚肉(レバー)6.9mg
7位たたみいわし6.6mg
8位抹茶(粉)6.3mg
9位松の実6.0mg
10位ごま5.9mg
11位豚肉(レバー)6.9mg
12位ほや5.3mg
13位牛肉(肩)4.9mg
14位かに缶4.7mg
15位牛肉(肩ロース)4.6mg
16位牛ひき肉4.3mg
17位牛肉(尾/テール)4.3mg

ランキング17にしたのは10までで日常で良く食べる食材があまりにも少なかったからです(^_^;)上位10位でよく食べるとしたら生牡蠣くらいですよね?牡蠣も季節性が有るので毎月毎月食べられるわけじゃありませんしね。

上記から分かるように肉類を食べていると比較的スムーズに亜鉛を摂取できるのではないかと思います。もちろん魚類も食べてバランスは考えないとダメですけど(^_^;)

亜鉛を多く含む食材は下記サイトで詳しく書かれていますのでそちらも参照してください。

亜鉛の多い食品と、食品の亜鉛の含有量の一覧表 | 簡単!栄養andカロリー計算

ちなみに亜鉛含有量ナンバーワンの牡蠣ですが、100gを個数に換算すると大体7個位です。

牡蠣

なので厚労省の推奨摂取量を取ろうとすれば男性で5個、女性で4個くらい食べればOKでしょうか。亜鉛を多く含む食材【牡蠣(生)】の人気レシピのまとめを作ったのでよければ参考にしてくださいね。

参考記事:亜鉛タップリ!!牡蠣を使った人気レシピまとめ!

引き続いて亜鉛に関するミニ知識を紹介していきます。

亜鉛が不足すると起こる事

冒頭でも書いていますが亜鉛は約300種類以上の酵素の働きを助けるのに不可欠なもので亜鉛が不足するとそれらの働きが鈍くなります。例えば亜鉛が無ければ新しい細胞のDNAを正しく複製することが出来ませんし、タンパク質の合成も不完全になってしまいます。

ということは皮膚に置き換えて考えると不完全な細胞がターンオーバーで表皮に押し出されるためハリや艶の無い皮膚が出来上がるということです。気をつけましょうね。

他にも亜鉛には色々な働きが有りますので紹介しておきます。

イライラや気分の落ち込み

感情の起伏の激しい人は神経細胞の伝達が正しく行われていないのが原因と言われています。亜鉛はこの神経細胞の伝達をスムーズに行うのに役割を果たす物質を生成する元となる成分のため亜鉛が不足すると感情の起伏が激しくなり主に落ち込み気味になったりします。

お肌の免疫力が低下する

亜鉛は免疫細胞をサポートしたり万病の元である活性酸素を除去する酵素の役割をサポートする働きを持っています。そのため亜鉛不足が生じるとそれらの細胞や酵素が上手く働かず免疫力が低下してしまいます。

女性ホルモン・男性ホルモンの分泌を低下させる

更年期に入ると女性ホルモンのバランスは崩れると言われていますが、別の原因の一つとして上げられているのが亜鉛不足です。また更年期に至っていない若い女性の場合でも亜鉛が不足すると良質な卵子を作れないという可能性が生じます。男性の場合も同じです。

お肌が汚くなる

この記事でずっと書いていますが亜鉛は皮膚の細胞が出来る過程で必須のミネラルです。従って亜鉛が不足すると皮膚がターンオーバーの過程で不完全のまま上がって来ることになるためツヤやハリが不足した肌が出来上がります。

お肌を気にする場合には亜鉛に加えて細胞の修復を促すビタミンCも一緒に摂取すると良いでしょう。

以上のように亜鉛不足から様々な症状が発生しますので気をつけましょう。

まとめ

亜鉛の推奨摂取量は男性でも1日10mg程度なのでそこまで多く有りません。しかし亜鉛が不足がちになると様々な酵素の働きが鈍くなり結果として下記のような問題が生じます。

  • 味覚が鈍くなる
  • 砂糖がタップリ入っているはずのコーヒーを甘く感じたり、逆だったりすると亜鉛不足かも知れません。

  • 肌・髪の毛等々に問題発生
  • 出来てしまったニキビが治らないとか抜け毛が多くなったとかそういう症状が出てきたら亜鉛不足かも知れません。

こういう時は亜鉛を多く含む食材を積極的に摂ってみて様子を見てみてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。