運動とニキビ

運動

太ってきたのでダイエット目的で運動を始めたのですが、なぜかそれ以降ニキビが出来るようになってしまいました。

最初は食生活のせいかな?と思ったのですが、ダイエットのために以前と比べて脂分を少なくしていますし、栄養素的にもちょうどよい数値になっているはずなのです。そのため、この食生活でニキビが出来るなんておかしいな、と思っていました。

原因は運動による汗

原因を色々と探っていくと「」が原因である事に辿り付きました。というのも、ニキビが出来るのは、いつも顔の髪の毛が当たる部分だったのです。

それから考えると、汗のついた髪の毛が顔に当たり清潔を保てなくなり、その結果ニキビができてしまうのではないか、ということです。

運動と汗

ですので、運動が終わるとすぐ顔を洗うようにしました。洗顔石鹸を使おうかとも考えたのですが、一日に何度も石鹸で顔を洗うとカサカサになってしまいそうな不安があり、水で洗うだけにとどめておきました。

また、運動するときはなるべく顔に髪の毛が当たらないように、カチューシャで止める対策などもしました。そのおかげもあったのか、ニキビができなくなってきました。

ニキビの治りが遅い!歳のせい?

しかし、ここでもうひとつ問題が発生しました。前出来てしまった「にきび」の治りが遅いのです。

私はもう三十代で肌の新陳代謝が十代二十代に比べて遅いのです。ですから、沈着した状態で黒く残ってしまったり、赤みがなかなか消えなかったりしてしまうのです。若い時は一週間くらいで治っていたのですが、今は一ヶ月かかったり、赤みが引くもののそこから全然治らない、という事も有ります。

自分がもっと早く対処しておけば、シミのように跡が残らなかったのになぁと後悔しています。

口元にもいくつかニキビの跡が残ったままで、髪の毛で隠すことのできない部分ですので、鏡を見るたびに自己嫌悪に陥ってしまいますし、これ以上治らないんだ、と思うと辛くて仕方ありません。

顎や口周りの大人ニキビは日々のケアが大切です

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。