ニキビに詳しい皮膚科医、詳しくない皮膚科医

基礎化粧品

ニキビ

色々な化粧品・ニキビケア用品を試してみるけれど皮膚科に行ってみたことがある人って少ないのではないでしょうか?

大体の人は皮膚科に行くほどでもないかな~と思ってしまいがちですからね。そこで今回は頑固なニキビが皮膚科で改善された!という人の体験談を紹介したいと思います。

皮膚科で頑固なニキビが改善しました

私は中学生の頃からずっとニキビに悩み続けていました。ニキビが気になって顔を上げて人と話すことができず、自分に自信も持てず、寝ても覚めてもニキビの事を考えていたと思います。

肌が綺麗な同級生が羨ましくて仕方ありませんでした。

ニキビで汚い自分の顔を写真に残すのも嫌で、写真を撮る事を極力避けていました。ですから中学、高校時代の写真は卒業アルバムくらいしか残っていません。辛い青春時代でした。

「大人になったらきっとニキビが治まるはず」という事を心の支えにしていましたが、大学生になっても社会人になってもニキビは一向に良くなりませんでした。もう思春期は過ぎたというのにどうしてニキビが治らないんだろうと私は悩み続けました。

社会人になってからは思春期の頃には無かった悩みが出てきました。それはメイクをしなければならないという事です。ニキビは化粧で隠しきれるものではありません。ボコボコの肌にファンデーションを塗ると、かえって肌が汚く見えたりしました。

ニキビがひどい状態だと、どんなに頑張っても綺麗にメイクをする事ができないのです。メイクに楽しみを感じている女性は多いと思いますが、私にとってメイクは苦痛でしかありませんでした。またファンデーションがニキビの更なる負担になっていたと思います。

社会人になって金銭的に余裕がでてきてからは「ニキビケア」や「アクネケア」を謳っている化粧品を片っ端から試しました。それらを使って多少良くなる事もあっても根治には至らず、化粧品ジプシーとなりました。

最終的に私がたどり着いたのが皮膚科です。皮膚科で処方された薬は驚くほどに即効性がありました。今出来ているニキビはあっという間に治ります。ただ皮膚科でも根治はなかなか難しかったです。

肌質から変えていくという事は並大抵の事では無いのだと思います。小さいニキビが常に2~3個という状態からはなかなか脱出できませんでした。けれど少なくとも「人前に顔をさらすのが辛い」というほどのひどいニキビは出来なくなりました。

もっと早くに皮膚科を訪れていれば良かったなぁと思います。

ただ問題は皮膚科医の先生でもニキビに詳しい人、詳しくない人がいるんです。詳しくない先生の場合は人それぞれの対処法なるものを試さずに画一的な治療になりがちです。

是非、ニキビに詳しい先生がいるところに行きましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。