生理前の赤ニキビ跡対策

吹き出物

生理前」には、必ずといっていいほどニキビが出来てしまいます。最近は頬だけではなく、顎の裏側やフェイスラインにまで発生し困っています。赤くて硬いニキビいわゆる「赤ニキビ」が、近くに何個も出来るので、その部分だけ赤く腫れているように見えて、顔を上に上げるとすごく目立ちます。

しかも、仕事がデスクワークなので無意識に手が当たったりしやすい部分でもあり、悪化させてしまうことが少なくありません。

少しでも早く治るように大人ニキビ用の薬をつけているのですが、大人ニキビ用の薬は効き目があまり強くないので、即効性は期待できず、少しマシになってまた悪化しての繰り返しになりがちです。

赤ニキビ跡対策

赤ニキビの跡を残さないようにするためには、早めに炎症を抑えることが大事だと聞いたので、化粧水とコットンでローションパックをして、冷やすようにしています。

赤みが引くかどうかは正直わからないのですが、ローションパックをすることで水分が補給されて肌が柔らかくなり若干ニキビの凸凹が目立たなくなるように思います。ローションパックをしないよりもした方が治りがよい気がするので、ローションパックは化粧水をバシャバシャ使ってやっています。

化粧水

以前、佐伯チズさんが言っていましたが、ローションパックは安い化粧品でもいいからケチらずに使うことが大事だと言っていたので、500mlくらい入っているお徳用化粧水を使うようにしています。お値段も1000円以下のかなり安いものですが、高い化粧水をちょっとずつ使っていた時よりはよっぽど保湿がしっかり出来ていると思います。

できてしまったニキビ跡は保湿するだけでは治ってくれないので、ビタミンC入りの化粧水を塗ったりしています。

最近、アットノンがニキビ跡にも効果があると聞きました。早速買ってきて今はもう2本目を使用しています。アットノンは肌の生まれ変わりを促進する成分が入っているそうで、ニキビの芯が残っているところに塗ると逆にニキビができてしまうことがあるらしいです。そのせいか一時期ニキビが急に増えました。それも今は落ち着いているので、跡が少しでも薄くなるように使用を続けていきたいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。