試行錯誤してもなかなか治ってくれない思春期のニキビ

ニキビの女性

私は思春期と言われる12才頃から22才頃まで、顔と首の一部のニキビに悩まされました。

家の近辺に有る皮膚科から大学病院の皮膚科まで、ありとあらゆる皮膚科を受診しました。どこへ行っても私に合った効果的な薬や治療法にめぐりあえず、思春期だった10代は相当悩み、学校に行くのも嫌でした。20代はお化粧が出来なくて、中途半端なおしゃれしか出来ませんでした。

学生時代、特に中学生の頃、ただのニキビなのに「うつる」「デコボコ(凸凹)」などと言われ悲しかったです。

皮膚科の受診以外にも色々と試行錯誤したが・・・

何とか治したい一心で、ドラッグストアなどで売っている治療薬を塗ったり、ビタミン剤を飲んだり、と手当たり次第いろいろ試してみましたが、どれも私には思うような効果がなく、逆に炎症をおこして悪化してしまう事が多々ありました。

「ニキビ用〇〇」と書かれている物は全て試した。と言っても過言でない位です。

どくだみ茶が良いと聞くと飲み、かぼちゃを食べると治ると聞くと食べました。その当時、かぼちゃが大嫌いだったのですが、「治るなら食べる」とよく食べていました。今では、すっかり大好きになりましたが、治ることは無く、効果はありませんでした。

チョコレート

ポテトチップス、チョコレート、アーモンドはニキビの原因だから食べてはいけない、と雑誌に書かれていたのを鵜呑みにして、それからしばらく、一切食べることなく過ごしましたが、全く治ることなく、どうしたら治るんだろうと悩み、辛い毎日を過ごしていました。

チョコやナッツと大人ニキビは医学的には因果関係が無いって本当??

結局、良い先生のいる皮膚科を探すのが近道

ある日、母が友人に「〇〇皮膚科の先生はよく診てくれるから良いらしい」と聞いてきました。すぐに、その皮膚科に行き見てもらいました。

医者

優しい男のおじいさん先生でした。その先生がくれたアドバイスは以下のようなものでした。

  • 爪を伸ばしてはいけない
  • 気になるけど爪で潰したらだめ
  • 枕カバーは毎日取り替える
  • 石鹸でいいから良く泡立てて優しく洗顔したら、清潔なタオルで押さえる感じで拭く(ゴシゴシ拭いたらだめ) 等

試行錯誤してきた私にとっては、目から鱗が落ちるようなアドバイスではなかったのですが、とにかく丁寧に説明してくれました。

そして「2週間分飲み薬だすから、朝、昼、夕、一錠ずつ飲んで様子をみてね。」と言われて、早速その夕食後から飲み始めました。

2週間後、今まで何をやっても効果が無かったニキビが、自分でも分かるくらい少し赤みが減って、治ってきたのが分かりました。この時の感動は今でも忘れません。

それから数年、薬を飲み続けました。先生には完全には治らないよ、と言われていたので、今でも時々、プッとおでこに出来たりしますが、ほぼ治りました。結局、良い先生(皮膚科)を見るける事がニキビを治す近道なのかもしれません

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。