入浴剤 種類 効果

入浴剤

入浴剤

シャワーではなく湯船につかることで高いリラクゼーション効果を得られることは「バスタイムをしっかりとってお肌と体をリラックスさせよう!」で書いていますが、その効果を更に高めてくれるのが入浴剤。自分の好きな香りを満喫しながらバスタイムを楽しむことで更にストレスの解消にも繋がるはずです!

色や香り、効能などによって色々な種類が有りますから現在の自分の状況・気分などによって使い分けてみると良いと思いますよ♪一応一般的な入浴剤の種類と効果を紹介しておきます。

無機塩類系の入浴剤

温泉由来成分から生成されるタイプの入浴剤。温泉名が名前についている入浴剤のほとんどはこの無機塩類系の入浴剤に分類されます。

塩素が肌表面のタンパク質と結合することにより肌表面に膜を作り熱が逃げるのを防ぐので湯冷めしにくくなります。また肌への保湿効果も期待されます。

【効果・効能】湯冷めを防ぐ・冷え性改善・免疫力向上etc
【成分】硫酸ナトリウム、硫酸マグネシウムetc

炭酸ガス系の入浴剤

炭酸ジェルパックなどが発売されているように炭酸ガスの美肌効果はなかなかのもの。入浴剤を入れるとシュワシュワ・バチバチっと音を立てながら溶けていくのも特徴です。

炭酸ガスには血管を拡張して血行を促進し、新陳代謝を高める働きが有ります。そのため疲労回復や痛みの緩和などにも有効です。

【効果・効能】血行促進・疲労回復・痛みの緩和(腰痛や肩こりなどにも!)etc
【成分】炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウムetc

薬用植物系の入浴剤

薬用植物系の入浴剤というだけでお肌に優しい気分がしますよね。配合されている生薬やハーブの内容によって効果効能は変わってきますが特にハーブの香りのリラックス効果は非常に高くストレス軽減などに役立ちます。

色々な種類が有るので試してみると良いでしょう。

【効果効能】ストレス解消・精神安定etc
【成分】配合されるハーブや生薬により変わる

酵素系の入浴剤

酵素の力が落ちにくい皮膚表面の汚れを落としやすく柔らかくしてくれます。そのため毛穴の黒ずみに悩んでいる人、お肌がごわついている人にオススメ。背中ニキビや胸元のニキビなどで悩んでいるなら使ってみましょう。

ちなみに無機塩類系にタンパク質分解酵素を配合すると酵素系入浴剤になります。

【効果効能】皮膚の洗浄・清潔化
【成分】パパイン、パンクレアチンetc

発汗系の入浴剤

発汗作用を高める成分が配合された入浴剤のこと。汗を書くと新陳代謝も高まり脂肪燃焼効果も期待できます。ダイエットしている方などはこういう入浴剤を使ってもいいかも!半身浴をする時に一緒に使うと効果倍増です。

【効果効能】気分をスッキリさせる、ダイエット効果
【成分】トウガラシエキス、ショウガ根エキスetc

スキンケア系の入浴剤

保湿効果が非常に高くなっている入浴剤。溜まってしまった皮膚の角層を除去して有効成分が角質層まで届きやすくなります。またお湯自体がトロッとするので何となくお肌の隅々まで有効成分が入っているような気分になります。

当然お風呂あがりはスベスベでなめらかな肌が待っています♪肌自体の免疫力も高めるので肌トラブルの帽子にも有効。

【効果効能】保湿効果・肌トラブルの予防
【成分】セラミド・ホホバ油・スクワランetc

以上のように入浴剤には様々な効果効能が有りますから色々と試して見るとよいでしょう。有名な「バスクリン」だけでも色々種類が有ります。

入浴剤について更に詳細な情報が知りたい方は下記サイトを見て勉強すると良いですよ♪

入浴剤を知るー入浴剤の種類とその効果ー:お風呂を楽しむ『湯の国』

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。