バスタイム 美肌

バスタイム

バスタイム

皆さんはシャワーだけですませてしまう日は有りませんか?特に夏だと湯船に浸かると暑いのでシャワーだけですましてしまう人も多いでしょう。確かに時間も短縮できますし爽快感も得られますが、大人ニキビに悩んでいる人は出来るだけ湯船に浸かったほうが良いです。

ニキビの原因の一つとして自律神経の乱れが大きく関わっていることは別記事でも書いた通り。そして丁度良い温度のお風呂に浸かる事はリラクゼーション効果が非常に高く自律神経を整えてくれる作用が有るので出来るだけ湯船につかりましょう。何よりバスタイムは一日の疲れや溜まったストレスを吐き出す時間でも有るわけですからゆったりと過ごしたいものです。

肩までつかると温熱作用が働いて体全体の血行が良くなりますし、血液循環が良くなればそれだけ体全体に酸素や栄養素が隈なく行き渡るようになります。結果として代謝が活発化するのでターンオーバーも正常化しやすいですし、体に溜まった毒素や老廃物も除去しやすくなります。

またお湯にゆったりと浸かるとお肌の角質層が水分を含んだ状態になりますのでお風呂で洗顔をするときも顔の汚れが取りやすくなり、ニキビ対策に有効です。

気をつけたいお湯の温度

お風呂

湯船につかることのメリットは分かって頂けたかと思いますが、熱すぎるお湯につかってはいけません。あまりにも高温すぎるとお肌に負担をかけますし水分も失われてしまいます。また42度~44度の高温だと交感神経が刺激されますのでリラックス効果が期待できません。

オススメは38度~40度のぬるま湯にゆっくりとつかること。ぬるいお湯は高温とは反対に副交感神経の働きを強くしてくれますのでリラックス効果がタップリ。ちなみにこの時【アセチルコリン】というホルモンが分泌されています。

また副次的な効果としてぬるま湯に浸かりながらゆっくりすると胃酸の分泌が活発化して胃腸の調子も良くなります。本当にバスタイムは大人ニキビ対策には必須の習慣です!

半身浴もオススメです。半身浴の時間は目安として汗が出始めてから20分~30分程度。血液循環が良くなり細胞の代謝が良くなります。但し汗が出っぱなしでは危険なのでしっかりと水分補給をしながら行ってくださいね。

シャワーからマイナスイオンが出てくる!?

現代の生活はイオンバランスが崩れている!と聞いたことが有りませんか?

特にパソコンや高性能の電子機器が並んでいる現代においてはイオンバランスが崩れておりプラスイオン主流の世界になっているそうです。

イオンバランスが崩れると倦怠感や疲労感、不眠などなど不定愁訴とも呼ばれている症状が出てくるんだとか。なのでマイナスイオンが今俄然注目を浴びているんです。

バスタイムが美肌に良いのは【シャワーや湯船のお湯から美容のマイナスイオンが放出されているから】というのも一つの理由です。都会から離れて田舎の川とか森に行くと心が安らかな気分になりますよね?

あれはマイナスイオン優位の場所だからそう感じるそうです。当然家のお風呂にそこまでのやすらぎ効果を期待するのも酷ですが、バスタイムにはそういう効果もあることを知っておきましょう。

バスタイムリラックスを強化しよう~

バスタイムのリラックス効果を高めるために入浴剤やアロマオイルなどを使ってみませんか?色々な色や香りが楽しめますし種類によって効果効能も変わってきますので色々試してみて自分に最適なものを見つけましょう!

以下入浴剤などのことについて記事にしていますので参考にして下さいね♪

入浴剤の種類と効果を解説

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。