レバー レシピ

レバーは【栄養の宝庫】と呼ばれるくらいに栄養が高いです。必須アミノ酸がバランス良く含まれており「ビタミンB2を多く含む食品とビタミンB2の効果効能」でも書いているようにビタミンb2であれば1日50g程度摂取すれば1日に必要な栄養素を確保できます。

他に摂取できる栄養素としてはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、銅、ナイアシンなどなどどれも健康・美容に嬉しい成分ばかりです。

特にビタミンAはニンジンの10倍含まれており体の免疫力をアップさせ皮膚や粘膜の健康を維持したり目の疲労を除去したりしてくれます。

なお、レバーは緑黄色野菜よりも多くビタミンAを含んでいる事はもちろんの事体への吸収が野菜で摂取するよりも早いんです。

というのも緑黄色野菜を食べると実際にはビタミンAではなくβカロチンを摂取することになります。このβカロチンが体内でビタミンAに変換されて体内で利用されるわけですがレバーの場合は違います。

「βカロチン⇒ビタミンA」という変換工程が無く、直接ビタミンAを摂取することが出来るんです。だからレバーには即効性も有るんですよ。

その他レバーは肝臓を守ったり貧血予防にも良いとされています。

レバーを使った人気レシピ!

人気レシピの基準

人気レシピはクックパッドのレシピ集からはてなブックマークが10以上あるものをピックアップしてご紹介しています。

絶対おすすめ☆塩レバー
塩レバー (2)

レバーは少し癖が有るので好き嫌いが激しい食べ物でも有ります。でもちょっとした手間をかけるだけで子供でもパクパク食べられるレシピーの出来上がり!白髪ネギとレバーが絶妙に合いそうです!

減塩メニューバージョンも有るのでお好みの方を作ってみたら良いのではないでしょうか♪

とまらない!鶏レバーの甘辛煮
レバーの甘辛煮

レバーといえば甘辛煮ですよね!主さんは貧血気味のようでそれを解消するために手軽にレバーを取れたらなぁ~ってことで作っているようです!うずらの卵を入れたり玉ねぎも一緒に入れたりすると更に楽しめそうですね(*´∀`)

つくレポ1000件突破しています!

鶏レバーのフォアグラ風
レバーのフォアグラ

レバーのフォアグラ風。確かに食感はレバーとフォアグラって似てますもんね(あれ?私の味覚がおかしいだけ?)コレなら安価でフォアグラが楽しめそうですね。フォアグラ風ですけど笑

十分おいしそうです!

鶏レバーのふっくらつや煮
鶏レバーのふっくら煮

さきほどの鶏レバーの甘辛煮と同じ甘辛煮!材料は同じですけどちょっと作り方が違うので両方作ってみて自分に合う方を選んでみてはいかがですか!?

簡単すぎ☆茹でるだけのレバーペースト
レバーペースト

レバーの臭みの原因は加熱によって成分が変わってしまうことに有るそうですね。このレシピは臭みが出ないような温度設定など細かなアドバイスが嬉しいレシピとなっています。離乳食やおつまみなど色んなところで大活躍してくれそうなレバーペーストですね♪

スタミナ満点*我が家の絶品レバニラ炒め
レバニラ炒め

まだレバニラ炒めが残っていました!!子供でも大人でも御飯のお供にバクバク食べられるレバニラ炒め!疲労回復に強烈に効きそうですね!このレシピはペプシコーラのスペシャルレシピとしても紹介されていました!

保存食♪鶏レバーのパテ(レバーペースト)
レバーペースト2

レバーペースト第2段!お店でも出せるほどの味でワインに合いそうですね~さきほど紹介したレバーペーストと比べると野菜をいっぱい入れる感じです♪本当ワイン好きにはたまらないと思います☆

酒の肴♪コクうま艶肌!鶏レバーワイン煮
鶏レバー赤ワイン煮

こちらは赤ワインを使った煮付け。こちらの方が好き!という人もたくさんいると思います~想像するだけでヨダレが・・・笑

番外編~おまけレシピ~

ここからは紹介する基準には満たなかったけれど、私が食べたい!と思ったレバーのレシピを2,3紹介していきます。

柔らかくてびっくり?☆鶏レバーの串焼き
レバーの串焼き

本当にお店で出てくる串焼きですね!これが食卓に出てきたら家族も喜ぶだろうな~

☆鶏レバーのスタミナ揚げ☆
レバーのスタミナ揚げ

ゴマとネギが絶妙なんです・・・御飯のお供にもつまみにも両方行ける鉄板レシピですね!

栄養もタップリ・美肌にも嬉しいのにこれだけ人気メニューがあると作らないわけには行きませんね!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。